PowerBuilder to Web(Appeon CloudPro)PowerBuilder to .netアプリケーション(次期バージョンAppeon PowerBuilder 2019で再構築)

製品サービス

パワーフューチャー株式会社

〒171-0022
東京都豊島区南池袋 2-47-2
ワイズビル
Tel 03(5992)4067(代)
Fax 03(5992)4068

お問い合わせ

PB to Web(Appeon CloudPro)

    CloudPro Editionには、新しいWebアプリデプロイメントターゲットが導入(powered by PowerServer Web)されています。 ほとんどのPowerBuilder機能をサポートし、PowerBuilder 2019のC# Web APIとも互換性があります。
    Webアプリは、すべての主要なブラウザーまたはInstallable Web App(IWA)を使用したスタンドアロンで実行できます。 最小限のコストで、既存のクライアント/サーバープロジェクトをクラウド化できる最適な選択です。
    (本番サーバーには、PowerBuilder CloudPro Editionとは別のライセンスが必要です)
    CloudPro Editionには、新しいモバイルアプリデプロイメントターゲットが導入(powered by PowerServer Mobile)されています。 ほとんどのPowerBuilder機能とApache Cordova プラグインがサポートされています。 iOSとAndroid、主要なクラウドプロバイダーにプロジェクトをデプロイできます。

既存C/SアプリケーションのWeb化

PB to .net(次期バージョンAppeon PowerBuilder 2019で再構築)

    2019で C# へマイグレーション!
    PowerBuilder 2019は、PowerBuilderの特徴である生産性をC#とクラウドへの移行にも役立てることができます。
    PowerBuilder IDEに新しい.NETターゲットが用意され、テスト駆動型の方法でREST Web APIと.NETアセンブリを迅速に作成できます。 コーディングはC#とデータウィンドウテクノロジー、およびクロスOS .NET Coreフレームワークの全機能で行えます。高性能なクラウドアプリケーションをVisual Studioよりも高速に開発できます。
    既存のビジネスロジックを移行する場合は、自動化された変換ツールでプロジェクトをさらに加速させます。
    ※現在、PowerBuilder 2019の日本語ローカライズは、2020年にリリース予定のPowerBuilder 2019 R3 LTSを   ターゲットとしています。

PB to .net(次期バージョンAppeon PowerBuilder 2019で再構築)

次期バージョンAppeon PowerBuilder 2019で再構築